東海の情報
サーチエンジン 遊び場情報検索 遊び場レポート HOME


 ひるがの高原 牧歌の里
岐阜県郡上市にある ひるがの高原 牧歌の里 のレポートです。
東海北陸道も全線開通し奥美濃、飛騨への交通も大変便利になったため、出かけてみました。
名神高速とは一宮JCTで繋がっているため、東西両方向からのアクセスも楽にできます。 しかし、その反面利用する人も増えてます。
全線開通する前から郡上以北では渋滞が多く(1車線区間があるため)、春は花見、夏は郡上踊り、秋は紅葉狩り、冬はスキー・スノボと年中利用者が絶えません。
前情報は調べていたのですが、いろいろ と・・・

その原因の一つ飛騨牛コロッケバーガー (^^;)
ちょっとトイレ休憩のつもりで長良川SAに寄りましたが、奥さんは朝食をとらずに出発したため朝食タイム。
私と子供は、サービスエリアでは定番?の実況中継つき自動販売機でコーヒーやらコーラやらと ウダウダ。。。
時間が遅れる〜〜 と奥さんに怒られながらも予想以上に時間を費やしてしまいました。
ちなみに飛騨牛コロッケバーガーはとても美味しくて満足!

そんなこんなで、9時半を過ぎる頃に郡上八幡IC付近に (*_*) 渋滞です。
ここで大きくロス(20分程度)しましたが、その後は順調に。 不思議なことに ぎふ大和ICを過ぎた頃には車も疎ら? さっきまでの渋滞の車はどこへ?
と思うほど前後に車がいません。 ???
トンネルを幾つも抜けて目的地へ! 前は高鷲ICで降りて下道を行くか荘川ICまで行って下道を戻るしかありませんでしたが、便利なことにETC車載車はひるがの高原SAでスマートIC出入り口から降りる事ができます。 (いや〜 便利便利!)
このレポートは2009年6月の物ですので、土日は高速料金1000円!で、当然片道1000円と財布に優しい \(^o^)/

ひるがの高原SAを降りてからは10数分。 ナビを設定していましたが標識も各所にありますので分かると思います。

ひるがの高原 牧歌の里のホームページはこちら!
http://www.bokka.co.jp/ お出かけにはイベント情報の確認をお勧め致します。
このページは牧歌の里ホームページの「園内案内」のマップを見ながらの方が位置関係が分かるかと思います。
最新の情報はホームページを参照してくださいネ!


到着は10時半前と予定より30分遅れ、既に開園しておりますので待つことも無く入園。

入り口を入って直ぐにメインハウス。





メインハウスを階下に下りて移動! 
とりあえず時間制限がある手作り体験へ



手作り体験

手作り体験はメインハウスを出て左へ向かい遊具の上に位置します。
(結構 こぢんまりとした建物です)



入り口には体験メニューが書かれていますが、ほぼ常設の様です。
体験は、パン作り・ピザ作り・押し花・キャンドル作り等があります。



それぞれ難易度が違うようですが、子供の興味に合わせパン作り体験を申し込みしました。
時間で分けられているようで、1回目には間に合わず2回目の体験に申し込み。

受付は建物入って直ぐ左手にあります。


 開始時間までちょっと待って体験室に入ります。
入るときは入り口の所に手洗い場がありますので、綺麗に手を洗い、中へ入るとアルコールの消毒を手に掛けてもらい、滅菌します。 (やはり考えてますね〜)
 

中に入るとパン作りの材料、道具が揃っています。
ここからお姉さんの説明が始まりますが、子供は作り始めたくて仕方が無い (^^;)
話をちゃんと聞くようにと宥めながらパンの形を考えます。 壁には(簡単に?)作れそうなパンの形が
絵で書いてありますので参考にするのが良いかと思います。
 

パン生地の色は2色あり、麺棒で延ばしたり切ったりでパーツ別にします。  家の子は「カメ」をチョイス。 土台は白いパン生地、手足・甲羅の模様は緑の生地で作りました。

 

隣のお子さんはアンパンマン 楽しく と言うか小さい子供の所は殆ど親が作ってます。

 
 隣では、ちょっと遅れて始まったピザ作り体験チームが始まりました。     家の子供もピザは大好きなのですが、ピザの生地から作るため、ちょっと難易度が高めです。

 子供と言うより親御さんの体験ぽいですが・・・


 

さて、パンの形が出来上がったらトッピングです。
用意されているトッピングは、チョコチップ・クルミ・レーズン・コンペイトウの4種類。
これでもか〜 と言うくらいに乗せて (^^; 完成!
焼き上がりに1時間程度掛かり、出来たものは受付のところで後ほど受け取ります。

手作り体験工房には、リースや置物を作る素材や作られたものもあり、どれも可愛い出来です。

   

出来上がるまでには時間がありますので、早速遊びに出発!
体験工房を出て下に降りるとアスレチックがあります。

   

体験工房でジッとしていた反動?でアスレックでは大はしゃぎ!
クライミングウォールもあり、普通の公園とはちょっと違う遊具で楽しんでいました。
周りには水が流れ、小さな人工池がありますがこの日は真夏のような天気。 
川や池には入ってはイケナイ と書かれていますが、子供たちが水浸しで遊んでました。


レストラン「ヒルトップ」
さて、お昼の時間も過ぎてお腹もペコペコです。

とりあえずメインハウスに戻って考えました・・・



選択肢としては、レストラン・バーベキュー・その他があります。

 
悩みましたが、今回はメインハウスの中にはバイキング形式のレストランに決定!  この日のメニューはこんな感じ。
バイキングなら子供も好きなものを食べれるので、とりあえず安心と言うことで階段奥のレストラン「ヒルトップ」へ



   

受付は入り口左側、先に清算して指定されたテーブルのカードをもらいます。
お昼を過ぎていますので、ほぼ満席状態。
ちょっと入るのが遅かったため、食べ物を取るのは楽でした。 とりあえず一皿分。
このレストランは、牧歌の里手作りのケイチャン(鶏肉)が一押しの様で、普通のケイチャンやケオチャンカレー等が美味しかったです。(カレーは子供向けでちょっと甘め)。
私はチキンのクリーム煮が気に入りました。 バイキングとなるとどうしても食べ過ぎに (^^;) ここでも3皿+デザートと明らかに食べすぎで苦しい・・・

 
メインハウス横にはバーベキューが楽しめる「味広場」があります。
バーベキューのセットがメインですが、その他にも麺類・丼もありましたので、こちらも魅力的です。 (^_^; 


 お腹も膨れましたので、午後のイベントへ!
 まずは、乳搾り体験へ向かいました。(体験は、12:30〜 14:30〜の2回でした)
 場所は、牧歌の里の奥の牧舎の横です。

   

乳牛がおとなしく居る横から乳搾りができますが、左右に分かれて2列で順番をまします。
係りの人が説明をしてくれますし、前の方の方法を見てるとなんとなく分かりますが、子供たちは一生懸命沢山出そうとがんばってました。 
乳搾りする瞬間は、シャッターチャンスなので皆さんカメラを抱えて待ってました。

   

そのまま横の牧舎へ移動。 沢山の牛・牛・牛 
牛は名前がつけられ、性格が書かれたボードが上に掲げて有ります。 その内容を見るとなんとなく納得できる雰囲気がありますので、読んでみると面白いですよ!
人の動きに合わせて牛がソワソワ・・・・?

   

それは、餌を待っているためでした。 横に「うしのおやつ」が100円で売られており、子供たちが競って牛にあげてます。
家の子供にも1つ買って餌をあげる体験をさせましたが、大きな口、長い舌にちょっと恐々・・・

 
ちょっとビビリながらでしたが、食べた牛は恍惚?の表情。

牧草を固めた物に、割り箸をさして餌あげするため、食べた瞬間に割り箸もガッチリ!  ちゃんと持っていないと割り箸ごと持って行かれますので注意を!



  

 牛舎の横に馬小屋があります。
 こちらにも「うまのおやつ」が・・・
 牛の餌やりで慣れたのか、こちらもやってみたいと言うことで・・・
 こちらも100円 ニンジンスティックです。


 

 馬の近くに行くと、馬がバンバン扉を蹴ってます。(^^; 

どうやらエサを要求しているようで、結構怖いです。




   

牛舎の前には乗馬体験があります。
乗馬レッスンもあるようですが、今回は引き馬にチャレンジ! 乗り降りする場所もありますので背の高い馬にも簡単に乗れ、馬もおとなしく1周グルッと周るだけですので、怖がることなく終われました。


さて、その後は牧歌の里の園内をあちこち散策です。



牛舎から放牧場を抜けてグリーンドアへ。
グリーンドアは休憩室も兼ねていますが、この日は横の鯉の池に人が集中。

鯉の池でもエサをあげてました。


 

グリーンドアの中はこんな感じで、いろいろな体験が出来るようです。  下の写真が、グリーンドアの入り口にある体験用?素材の様で、これらを買って中で絵などを書くみたいです。


   


 
  グリーンドアの入り口には可愛い風で動くオブジェと綺麗な花が沢山咲いてました  季節によっていろいろな花が見れるようです。
(チューリップ畑がグリーンドアの前にありますが、ちょっと季節が遅かったです)


 

ラベンダー畑・サマーラベンダーの畑を抜けて教会へ
こちらの教会で結婚式を挙げられた写真もメインハウスにありましたので、タイミングが合えば会えるかも?


 

教会の前には鐘があり、子供たちがガンガン鳴らしてます。 (ちょっと五月蝿いくらい (^^;)

教会の中はこぢんまりとしてますが、静かでちょっと重厚です。(当たり前か・・・)



   

 花の名前は詳しくないのですが、綺麗な花が一面に広がっています。



端の方はほぼ見終わりましたので、メインハウスに向けて戻ります。
途中に見つけたのは「高原のパン屋さん」。
店の中には焼きたてのパンがいっぱい!
ジャージーミルクパンが有名らしいですが、バームクーヘンや季節のパンなどいろいろ。 

   



ミルクハウス「ムー」

濃厚なジャージーソフトクリームやヨーグルトやウエスタングッズのお店です。
ソフトクリームは心惹かれましたが、お昼ご飯を食べ過ぎて・・・ (T_T)



ファーストフード「ぱっくん」

飛騨牛コロッケや飛騨牛バーガーがあります。
今回の最大の心残りが飛騨牛バーガー! いや〜 園内を隈なく散策してからお昼ご飯をチョイスすればと・・・・ 残念です。




フローラルハウス 「ポプリ」
お土産がメインのお店ですが、店内にはキャンドルや置物、飾る系がいっぱい!。
花と動物をあしらった可愛いグッズが沢山、お店に入ったら天井を見てネ!  ドライフラワーがいっぱいです。

   

   

 

ロードトレイン
園内を10分くらい掛けて回ってくれる乗り物です。  アスレチック(メインハウスの近く)が乗り場になっています。
 300円/人なので、園内を把握するためには最初に乗っておいた方が良いかも?


 

木ぼっくりミュージアム
「水野 政雄の世界」
手作り体験工房の隣にあります。  木々を使った建物、人形のミュージアムで、2階建ての建物の殆どが木ぼっくりが展示されてます。
木ぼっくりの町がテーマの様で大きなものから、小さなもの、地下室まで作られて結構凝った作りです。

   
   
   
   

  

Kix clubの会員誌の表紙に使用された木ぼっくりと会員誌も展示されてました。

1階のショップです。 オルゴールや木を利用した置物、おもちゃなどいろいろ!
オルゴールはいろいろな種類、音色の物がおいてあります。

   
帰りの渋滞もありますので、ちょっと早めに切り上げ。  開園時間にはちょっと遅れましたが、体験などをしても5〜6時間で何とか一通り周れる感じです。
(今回は昼食以外の休憩はあまりとっていません。 あちこち寄って休憩に時間を取ると丸1日掛かると思います。)


さあ帰ろうと入場門まで行き、子供のトイレを待つ間にちょっとウロウロ。
んん 入場門の左手にオープンカフェ風なテーブルが、、、引き寄せられて行くと、メインハウスのサイドにもお店を発見! こだわりのカレー の文字が・・・ う〜ん 結構食べ残したものが沢山!
次に来る時には よ〜く 考えなければ (^_^;) 


渋滞を避けるために牧歌の里を15時頃には出ました。
1泊か夜まで居るつもりなら温泉でゆっくりするのも良いと思います。




ひるがの高原 牧歌の里 岐阜県奥美濃 花と緑と牧場のテーマパーク


Copyright(C) 2003 i-tokai All rights reserved.