東海の情報
サーチエンジン 遊び場情報検索 遊び場レポート HOME


■名古屋港水族館

中部地方最大?の水族館 名古屋港水族館です。
ほとんど定番的な観光スポットですが、夏はもちろん全天候で楽しむことができます。若いときは?デートの定番として行ってましたが、何年かぶりに子連れで行ってきました!
名古屋港水族館・名古屋海洋博物館のオフィシャルホームページではイベント情報などもありますので、お出かけの際にはチェックしてね!
このレポートは2006年夏の物です。 最新情報はホームページ等で確認して下さい。


名古屋港のシンボル? ポートビルを目指して車で出かけました。
ポートビルの中には海洋博物館があり、それはそれで楽しめるのですが、今回はパス!
混むのが分かっていましたから一直線に水族館に向かいました。









南極観測船フジを横目に橋を渡り水族館の入り口へ。


 

 

北館・南館とありますが、順路に沿ってとりあえず見て回りました。
クジラやシャチの模型や骨の標本などの展示があり、日頃は接することの無い魚たちのルーツも真剣に読んでしまいました・・・ (おかげで置いてきぼりですが)

 



水族館の最大の楽しみ! 泳いでいる魚たちをいろいろな角度で見ることができます。 中でもアーチ上になった水槽を下から見上げる所では、不思議な 感覚も味わえ、記念撮影スポットと化していました。

 

南館にあるペンギンの水槽「南極の海」
かわいいペンギンを見ているだけで癒されますが、水中を泳ぐペンギンの速いこと!!! 水槽の中には、天井から雪がふる所もあり、その下で頭や肩に雪を積もらせながら佇む姿もお勧めです。


 ペンギンの水槽を抜けるとちょっとした
 広場があり、そこのオブジェ?です。

 本当はいろいろなペンギンの実物大模型ですが、小さな子供と並んでの記念撮影はお勧め・・・



 

今回の最大の目的、イルカ・シャチショーです。
1回目のショーに間に合うようにザッと見てから早めにメインスタンドに移動しました。
パフォーマンスショーが始まると満席になりますので、余裕をもって席を確保した方が良いと思います。
私たちは、早めに席を確保(天気が良すぎたため少し後ろの日陰をキープ) 直ぐ後ろに売店もありますので、そちらでちょっと早めのお昼を食べて待ちました。

 


イルカショーの様子です。
間近でみるとジャンプの高さや泳ぐスピードに圧倒されます。
大きなメインプールもあっという間に一周回っている感じです。




 

シャチのショーですが、この日はシャチのクーちゃんのご機嫌が悪いようで 隣接する控えのシャチプールから中々出てきませんでした。
飼育員のお姉さんもちょっと困った様子でしたが、何とか出てきてくれました。
(一旦出ても直ぐに戻ってしまう事が何回かありましたが・・・)
 

それでも、巨体で泳いでいくと回りに大きな波が・・・
当然 プールの直ぐ横に座っておられる方はビショビショ ! 皆さんそれも目的のようで、防水対策をされている方もチラホラ。
左上の写真は、メインステージにシャチが登ったところです。   大きな口を見ると ちょっとコワイ・・・



シャチプールは下からも見ることができ、水中から泳いでいる様子も楽しめます。

 2008年10月に名古屋港の人気者クーちゃんがカビの一種による全身感染症で心不全により亡くなりました。
 人気者が居なくなって寂しい限りです。 (x_x)



 今回はメインプールの売店で食事を済ませてしまいましたが、南館にはレストランもあり名古屋ならでは?の食事が楽しめます。

 出口にはお土産のショップがありますがとにかくすごい人でごった返していました。
 名古屋港水族館ならではのお土産が沢山ありますので、迷ってしまいますが・・・ アクセサリー類も豊富で、普段使用するにもお洒落な物も多く、予想以上に出費してしまいました。
 (ちなみに2色ボールペンは書き味もよくお勧め!)


 名古屋港水族館に隣接する、名古屋港シートレインランドです。
 今回は行きませんでいたが、中には遊園地の乗り物やセガワールド、レストランもありますので、こちらも楽しめますヨ!

 ホームページはこちら



今回は子供中心でバタバタっと回る感じでしたが、イルカ・シャチのショーも楽しめ青空の下でリフレッシュできた感じでした。
名古屋港の周りはいろいろな施設がありますので、くれぐれも時間に余裕を持ってお出かけする事を推奨します・・・




Copyright(C) 2003 i-tokai All rights reserved.