東海の情報
サーチエンジン 遊び場情報検索 遊び場レポート HOME


■岐阜県先端科学技術体験センター サイエンスワールド

岐阜県瑞浪市にある岐阜県先端科学技術体験センター『サイエンスワールド』に行ってきました!
ここは体験を目的とした施設で常設展示は殆どありません とホームページにも書いてあるとおり、科学を自分で やって、楽しんで、覚える タイプの施設です。
イベントへ参加する場合は、材料費等が必要となりますが、その他の駐車場、入館料が無料で楽しめます。 
ホームページは、こちらを参照してください。  各種イベントや体験メニュー、月替わりの「マンスリーワークショップ」、学校休み期間メニューなどチェックしてからのお出かけをお勧めします。   このページは2008年2月の情報です、最新の情報はオフィシャルホームページでご確認下さい。


 

中央自動車道 瑞浪ICを降りて北にちょっと山間を走りますと見えてきました。
朝一番に着きましたので、開場までちょっと待って入りました。
建物は独特な形をしておりますので、直ぐにわかると思います。


中はガラスの壁になっており、開放感ある作り。
それに沿って体験コーナーが並んでいました。
私が行った日は、3つの体験コーナーがあり早く行った特権?で、並ばずに楽しめました。
(お昼ごろでは、各体験コーナーに人だかりが・・・ ちびっ子が沢山並んでました)



 こちらは「電気パンをつくろう」コーナーです。
電気の熱で蒸しパン風のパンを作るのですが、写真にありますように、途中に電球がつけてあります。
水に溶いたパンのもとに電極をつけて電源ON、水分により電通しているため電球が点きますが、パンが出来てくると水分が蒸発しますので、電球がダンダン暗くなって、消えたらパンが焼けた! と言うことを説明して頂けました。 (理解できたかは別として・・・)

焼けたパンはを頂いて、休憩コーナーで美味しく頂きました。 やはり自分で作ったパンは格別のようでニコニコでした。


 次の体験コーナーは火打ち石で着火!
う〜ん やることは非常に簡単なんですが、火をつける事が・・・
汗をかきながら何度もチャレンジしていましたが、残念ながら・・・
一旦その場を離れ他を見ていましたが、どうしても点けたくて最後に再チャレンジしましたが ムリ!
小学校 高学年以上でないと厳しいかも?


  

 こちらがサイエンスワールド自慢?のスペシャルワークショップです。
普段接することが無いミクロの世界を電子顕微鏡で見ることが出来ました。
身近な物も超 拡大すると全然別の物に見えます。 



 次が、極低温の世界体験 !!! 液体窒素で極低温を作り出して様々な実験が見る、体験する ができました。
まずは、超電導の世界。  極低温による磁力発生の体験です。(所謂 リニアですね)

 極低温による空気の圧縮の様子。 膨らませた風船を液体窒素につけると見る見る萎んでいきます。
液体窒素から取り出すと、また膨らみました。

その他、野菜を液体窒素につけて粉々に砕くとかの体験を実際に子供たちがやってみる事ができました。
(時間的に人が少なかったからかもわかりません) 



昼食の用意をして来ませんでしたので、お昼で帰りましたが、今回楽しんだコーナー以外にもサイエンスショーやチャレンジワークショップなどがありますので、お弁当持ちでお出かけした方が良いかも知れません。
休憩コーナーは、ドリンクの自販機はありましたが、食事関係がなく施設の回りも食べる所がないため、一旦出て車で移動する必要があります。





Copyright(C) 2003 i-tokai All rights reserved.